野生動物の救護(本土フクロウ編)

大内山動物園の事務所班は保護された

動物や怪我した動物たち、生後間もない赤ちゃん動物達の

お世話ををしている班です



毎年数多くの動物たちが

大内山動物園に持ち込まれます、

その中で今回は本土フクロウをご紹介します

 

  

 

工事現場で蹲り動けなくなっていたところを

保護された本土フクロウフクスケ

  

IMG_0271

 

来た当時は体重が軽く骨と皮しかなく痩せ細っていました

野生動物のため脅えており人が与えた餌は食べませ、

 

食べなければ死んでしまうため

 

餌を強制給餌を行い

 

怪我をしている所の処置を行います

 

 

IMG_0286

 

 根気のいる作業ですが

 

その成果もあり順調に体重も増え

 

今では大人の羽に生え変わり

自分で餌を食べれるようになりました

フクロウ 

 

 

今では、こんなに大きくなりました

 

 

ima4545ge1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ページトップ