ほ乳類

サーバルキャット

DATA

分類 ほ乳類
名前 サーバルキャット
分布 アフリカの固有種で南部や東部に広く分布
エサやり できません

MEMO

食肉目/ネコ科/レプタイルルス属

英名 Serval

学名 Leptailurus serval

体長 60~100㎝

体重 8.6~18kg

寿命 (野生下)10~12年

   (飼育下)13~20年

 

サーバルの名前の由来はスペイン語の「猟犬」に由来という説。ポルトガル語のcervalに由来し「オオヤマネコ」を意味する説。などがあります。ポルトガル語のcervalの語源はラテン語のlupus cervarius(狼+鹿)さらにたどるとフランス語のloup curvier(鹿を狩る狼)の意味があるらしいです。

 

野生では一匹のサーバルキャットで年間、約4000匹のげっ歯類を食べている。その他にもヘビや鳥、トカゲなどの爬虫類も食べる。

 

ネコ科の中で一番足が長い。(体のバランスで言うと)サーバルキャットは狩りのとき大きな耳を使って狩りをします。この大きな耳のおかげで獲物の音が良く聞こえます。さらに音をよく聞くためには耳が高い位置にある方が有利なので、足が長いのではないかと言われています。

 

狩りの成功率はかなり高く50%程と言われています。サーバルキャットはアーチ状のジャンプをして獲物をとらえますが、このアーチ状のジャンプはキツネなどイヌ科の動物と同じで、ネコ科らしくないジャンプです。

 

 

 

 

 

 

 

ページトップ