新しい命

動物を飼育していると、必ず生と死に直面します。

うちの園でも例外ではありません。

園では、ワオキツネザルを管理棟で一頭、外の獣舎に三頭飼育しています。

 

そのうち、三頭のワオのリーダー“ルナ”のお腹に赤ちゃんがいることが発覚!

数日経って日が沈むころに痛みだし、これは今晩のうちに出産するね、と期待を込めて動物園をあとにしましたが次の日にも赤ちゃんの姿は見られません。

異変を感じ、獣医さんに診てもらいエコーをとったところ、お腹の中で死んでしまっていました。

ルナは初産で、お腹には二頭入っていました。

赤ちゃんは取り出し、ルナも退院。

しかし元気がありません。エサも果物を少し食べるのみ。

心配する担当者をよそに、数日後ルナは旅立っていってしまいました。

 

IMG_2559のコピー

 生前の頃のルナ

ルナ闘病中、朝担当者が獣舎に入るともう一頭のメスのワオ“ルカ”が、なんと子供を一頭抱いておりました。

 

メス二頭とも子供を身ごもっていたんですね。

1月23日、ルカは元気な赤ちゃんを産みました^^

ルカも初産でしたが、お腹の下でしがみついている赤ちゃんをしっかり支え懸命に育てています。

 

私たち担当者も、旅立っていったルナの死を無駄にしないためにも今後も動物たちを癒し住みやすい環境を作ってあげることを心掛けていきたいと思います。

 

 CAI4N1CQ

 

 今後はルカが、ルナの分まで赤ちゃんをしっかり育てていくことでしょう(*^_^*)

 

 ※赤ちゃんの公開はまだ未定とさせていただいております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ページトップ