ほ乳類

ホンドタヌキ(白変種)

DATA

分類 ほ乳類
名前 ホンドタヌキ(白変種)
分布 日本の九州、四国、本州
エサやり できません

MEMO

 

食肉目/イヌ科/タヌキ属

英名 Japanese Raccoon Dog

学名 Nyctereutes procyonoides viverrinus

体長 40~60㎝

体重 5~10kg

寿命 (野生下)5~8年

   (飼育下)約10年

白変種とは色素の減少によって毛や皮膚などが白くなった動物の事です。アルビノはメラニンを作り出す事が出来ませんが、白変種は色素が少ないだけでメラニンを作ることができます。なので体は白くても鼻周りや目などは黒いです。

いろいろな説がありますが、一つの説として・・・これまで白変種は突然変異だと考えられていました。ですが今は、氷河期の時真っ白な体は保護色になり、生きる上で有利になります。その遺伝子が現在まで残っていると考えられているようです。そのためトラ、ウサギ、タヌキ、ヘビ、トカゲ、クジャク、など色々な種類の脊椎動物で白変種がみられます。

ページトップ